栄養補助食品

疲労回復がサプリで出来る時代【必要成分をしっかり補おう】

男性にあるホルモン低下

中年女性

女性のホルモン低下

更年期障害について。更年期障害は、主に50代前後の女性を中心に起こる不定愁訴のことを言います。更年期とは女性の閉経前後10年のことを言います。その期間に卵巣機能が低下することで、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌も低下します。それが脳の視床下部にある中枢神経のバランスを乱します。それが自律神経失調の症状を引き起こします。またその時期に起こる生活や社会環境の変化がストレスになり、うつ病等の精神症状を併発することもあります。それらを総じて更年期障害と呼びます。治療のためには、薬物療法やホルモン療法に加え、生活改善やサプリの摂取が必要となります。そしてこの更年期障害は、実は男性にもある症状なのです。

男性にもあるホルモン低下

男性にも更年期障害は起こります。男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が低下します。そうして自律神経失調や、うつ症状、男性機能の低下、肥満、骨粗鬆症などの症状に見舞われるようになります。その中でも、男性機能の低下が顕著で、治療のためにはサプリの服用など、特定栄養素の補給が必要となります。男性ホルモンであるテストステロンの分泌量は、20代を境に低下し、70代ではおよそ半分にまで減ります。年とともに男性の精力が減退していくのはそのためなのです。それを治療するためには、ホルモン治療に加え、マカや亜鉛といった特定栄養素をサプリから摂取すること、そして規則正しい生活を心がけて自律神経のバランスを整えることが大切です。自律神経のバランスを整えるためには、必須アミノ酸や必須脂肪酸などの栄養素も必要です。それらは不足しがちな栄養素のため、サプリから積極的に摂るようにしましょう。そうすることで、更年期障害の症状そのものを改善することができるでしょう。

Copyright© 2015 疲労回復がサプリで出来る時代【必要成分をしっかり補おう】All Rights Reserved.